自己破産のメリット・デメリット

自己破産の利点は責任が免除されれば借金の返済義務を負わなくなることです。借金の返済方法に悩んだり、金策に走り回らずにすみます。
特にあまり財産がない人にとっては、借金を返す為に手放さなくてはいけないものがあまりないので、メリット(メリットばかり考えていると、思わぬ損をすることもあるでしょう)が多いと思われます。

免責を目的とする自己破産や、債務が大幅に減額される個人再生を行なう際は、全部の債権者を相手にふくめますが、減額交渉がメインの任意整理の場合は債権者ごとに別々に交渉することになります。

全部の債権者に対して交渉するのではなく、たいていは減額効果の高い債権者を筆頭に交渉を行い、債務総額を減らしていきます。ただ、交渉に応じるかどうかは任意ですので、債権者側が任意整理の申し出に応じなければ、借金が減額されないまま残ることになります。

けして弁護士の独壇場ではなく、司法書士でも借金の整理は可能です。

ただ、任意整理の場合だったら個々の債務が140万円以内に限られています。

これから交渉開始というときに遅延損害金等をふくめた額が140万円を超えてしまうと、認定司法書士では減額交渉ができなくなってしまうのです。

計算さえしていればこのようなことは防げますから、司法書士を通じて債務整理の手続きをするのなら事前に債務額をきちんと整理、把握しておく必要があります。

任意で借金を整理すると連帯保証人を困らせてしまうという事実をご存知ですか。
自分が支払わなくても済むという事は連帯保証人が代わって返済するという事になっていきます。
ですから、その事を忘れないように心がけて任意整理を為すべきだと感じますね。個人再生をするにしても、不認可となってしまうケースがあるのです。

個人再生をするにあたり、返済計画案の提出が必要となりますが、裁判所でこれが認められないと不認可としての扱いとなります。

当たり前ですが、不認可となってしまえば、個人再生は望めません。債務整理のなかにも、任意整理の際は無関係であり、個人再生の際は基準が緩いので、それほど問題にされないのですが、債務を整理の手段を自己破産にするのであれば、タブーの一つに財産隠しが挙がります。裁判所に破産の申立をする際、持っていてよい現金と資産は法で上限の規定があります。基準以上の分は処分することがもとめられますが、隠していた事が伝われば免責が認められないことは持ちろん下手をすれば詐欺罪に問われる可能性も否定できません。
債務整理を行なう場合、お金を借りている債権者の同意を得る必要があります。任意整理を行なう場合、借金を整理する対象を選び、それぞれに同意を得ながら任意整理を進めていきます。

けれども、任意であることに変わりはないので、交渉できない債権者もいます。

また、個人再生の場合、任意整理と違って一度に複数の債務を整理できますが、再生計画案に債権者の半数以上が賛成しなければ許可されません。人生はいつでも再出発の機会があります。

何歳であろうが債務整理には影響しません。債務整理と引き換えに不便になることと言えばクレジットカードの使用やローンを組むことができなくなるだけで、豪勢な暮らしは難しいですが、他は一般的に暮らすことができます。年齢を重ねた方も元の状態に戻るまでは5年ですので、もし借金に苦しんでいるのであれば借金の整理が次のステップへの弾みになるはずですよ。

デメリットは家族への影響 任意整理